3度目のホワイトハウス

またまた見たくなり、借りてきてしまった“ザ・ホワイトハウス”。
3度目なのに、やばいくらいに面白いです。

今日見た、ホームレス(元軍人)の為に軍隊式の葬式を挙げてあげるエピソードでは、じわじわと温かい気持ちと切ない気持ちが込み上げてきて、ポロポロと泣いてしまいました。
3度目なのに。

こんなに何度もレンタルするくらいなら、いっそのことDVDを買ったほうがいいのかもしれません。

トビーって偏屈だけど、すごくいい奴。

| | Comments (165) | TrackBack (0)

“ケイゾク”見ました。

よく行くTSUTAYAで“ケイゾク”が新入荷されていたので借りてみました。

再放送かなんかでちょこっとだけ見たことがあるものの、全話通して見るのは初めて。
最初は『失敗だったかな~?』と思ったけど、見ていくうちにどんどんハマり、最終回では号泣してしまいました。

このドラマの登場人物たちは面白いのだけど、何を考えているのか分からない不気味な人たちばかり。
その中でも一番安全というか、悪者ではないだろう主人公の柴田純でさえも、かなり変。

今更ですけど、中谷美紀って凄い人だな~と感心してしまいました。
あんなに美人なのに、あんなぶっ飛んだ役が出来るって凄いです。
(他の登場人物たちも凄いとは思いますが。特に野々村さん。)

とりあえず特別編まで見た今でも、朝倉は捕まっていません。
これから映画ではどういう展開になるのか、とても楽しみ♪
さっそく、明日借りに行こうと思います。

| | Comments (172) | TrackBack (0)

大人になって大変身!?

NHK大河ドラマ“天地人”。
先週までは子役の皆さんが活躍していましたが、今週からは大人の役者さんたちの出番がメインとなりました。

上杉景勝の少年時代。
つまり喜平次だった頃は、設定どおり寡黙で不器用そうな子ではありましたが、とても冷静で聡明な少年に見えました。
しかし大人になったとたん、演じるのが北村一輝になったとたんにちょっとイメージが変わったような気がします。
ずばり言ってしまうと、あまり賢そうな人には見えなくなった・・・。

まだまだ登場したてですから、これから話が進んでいくに従い、イメージなんて変わっていくかもしれません。
それに、あのちょっと変態ぽい景勝も嫌いではない。

これからどのようになっていくのか、楽しみです。

| | Comments (108) | TrackBack (0)

あんちゃんの威力

最近、夕方に再放送されている“ひとつ屋根の下”。
たまたまテレビをつけたら、ちょうどあんちゃんが弟たちに熱く語っているところでした。

見るつもりは無かったのだけれど、あんちゃんがあんまりにも熱いので思わずじーっと見入ってしまいました。
その間、わずか10分。
私は号泣。

前後の話を見ていないのに、今日の放送が何話目かも知らないのに、10分で号泣しました。
あんちゃん、恐るべし!

クサイけど、いいドラマですね。

| | Comments (1320) | TrackBack (0)

脚本家のストライキって、いったい何?

海外ドラマはいっきに見たいので、DVDをレンタルします。

去年から“ヒーローズ2”のレンタルが始まりました。
全て出揃ったら借りようと思って待っていたのに、6枚目までしかレンタルされていません。
いくらなんでも、焦らしすぎだろう?と調べたところ、シーズン2は6枚(11話)で完結だそうです。
その理由として「脚本家のストライキが・・・」とありました。


脚本家のストライキって何なの?


毎年年末くらいになるとレンタルが開始される“24”。
年が明けても、何の宣伝もしていません。
調べたところ、シーズン7は今年の1月から本国での放送が始まったばかりらしい。
日本では、3月に“24 リデンプション”というシーズン7へ続く2時間のテレビ映画がレンタルされるとか。
そして、これにも脚本家のストライキというのが関係しているみたいで。


脚本家のストライキって、だから何なの?


何とか放送に影響のないカタチで、穏便に済ませられないものでしょうか?
穏便だったら、意味が薄れてしまうのかもしれないけど。
気長に待ちます。

| | Comments (189) | TrackBack (0)

命の危険を顧みず

好きな番組は録画でしか見ません。
ということで、暇な今日はコードブルースペシャルを見ました。

最終回からそれ程経っていないある日、千葉で電車の脱線事故が発生。
(↑これが今回のメイン)

グレイズアナトミーのようなERのような、いろんなドラマが混じっている、しかしながら、それのどれと比べてもいまいちなドラマ“コードブルー”。
お医者さんたちが事故に遭う確率が多いという点ではERに近いのでしょうか?

連続ドラマでは黒田先生が腕を無くし、今回のスペシャルでは緋山先生が生きるか死ぬかの大怪我をしました。
12話+スペシャルの間にお医者さんが二人も大怪我をしている。
カウンティ総合病院のERより、ずっと命の危険に遭遇する確率が高い職場。
それが、翔陽大学附属北部病院救命救急センター。
例えば、アメリカのドラマのように24話ぐらいで完結するとして、このままのペースで行けば、最後には誰も居なくなってしまうのではないかと心配になってしまいます。

もう、続編はやらないほうがいいのでは?

| | Comments (413) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

ゲーム | ドラマ | 日記・コラム・つぶやき | 音楽